間違った疲労回復法

疲労は、身体が休足を必要としている事を脳に知らせる為のものになります。

疲労回復するからと栄養ドリンクなどを飲んではいませんは?実はそれNG疲労回復法なんです。
今回は間違った疲労回復法を実践しないように紹介していきたいと思います。
 

間違っている疲労回復法


 

栄養ドリンクを飲む

上記で上げた通り、コンビニなどで手に入る栄養ドリンクやエナジードリンクは疲労回復を謳った成分がたくさん配合されていますが、その効果が実証されているものはひとつもありません。

カフェインによる覚醒作用で一時的に疲労を誤魔化す事は可能ですが、集中力を高めたりするのにすぎないのです。

また、飲みやすくするために糖分が多く含まれているものもありますので、本来疲労回復に使われているはずのビタミンB1が糖分の代謝に使われる為、効果が切れてしまうと人う感や眠気が増してしまう事もあります。
 

アツアツのお風呂に入る

疲れた日はアツアツの湯船に浸かると疲れが取れると思っている方も多いと思いますが、実際は40度以上のお湯に入ると交感神経が刺激され覚醒作用が働いてしまい寝つきが悪くなってしまいます。

さらに、熱いお湯に入ると活性酸素がたくさん発生し、脳疲労が蓄積され余計に疲れてしまうという事もあるのです。

朝風呂には温度の高めのお湯が適していると言われていますが、疲れて帰ってきた時はぬるめのお湯に15前後ゆっくりと浸かるのが良いでしょう。
 

ジムに行き汗を流す

疲れを感じた時に軽い運動をするの疲労回復に効果的ですが、激しい運動はおすすめできません。

ジムなどで体を鍛えると脳に興奮や快楽を感じる物質が作用し、脳が疲労を無視してしまう為、疲れを感じず疲れが取れたようなきになってしまいますが、実は余計に疲れが蓄積されており、ストレスの原因にもなってしまいます。
 

スタミナ料理を食べる

うなぎや焼肉、高カロリーのがっつりしたスタミナ料理はスタミナがつき疲労回復にもなると思っている方も多いと思いますが、スタミナ料理と言われているものには、脂肪分が多く含まれており、消化する際に胃腸に負担がかかってしまい内臓の疲労を増大させてしまいます。

しかし、食べたらストレス発散する事もあり、必ずしも悪いと言う事ではありません。暴飲暴食にならないようにほどほどに内臓をいたわるようにしましょう。
 

最後に

 
間違った情報に頼ってしまうと、疲労回復どころか疲労か蓄積されてしまいます。
間違った疲労回復法をしてた方はしっかりと見直してみましょう。