肩こりの原因・予防策

多くの日本人が悩みを抱えている「肩こり」
肩こりが原因で頭痛や身体の様々な不調を感じる事もあり、放置しておくと心身ともに辛い日々を過ごしてしまいます。

肩こりを少しでも和らげる為に肩こりの原因と予防策を紹介したいと思います。
 

肩こりの典型的な原因

 
普段は意識していないかもしれませんが、頭の重さは5~6キロもあります。お店で5キロ入りの米袋を持ってみるとかなりの重さだと実感できるでしょう。

そんな重い頭を支えているのが、首と肩です。日本人は欧米人と比べると頭が大きい割に首から肩の骨格や筋肉が華奢にできている為、肩こりが起こりやすいと言われています。
 

原因1 パソコン作業

 

デスクワークや読書、細かい手作業などによって起こる「眼精疲労」とくにパソコンなどの作業では、長時間も同じ姿勢になっている為、肩こりが増えます。

多くの方が首を少し前に突き出す姿勢にななったり、両肩を少しすぼめる姿勢にもなっています。

こうした姿勢を続けると首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じ、血流が悪くなり、肩こりを起こしてしまします。

また、細かい文字を見続けている為、目やその周辺の筋肉が緊張し、それと同時に首や方も緊張します。
 

予防策

まずは、同じ姿勢を続けないようにこまめに首や肩の緊張状態をほぐす事が大切です。この時に首や肩が固い、あるいは少し痛いと感じたらすでに肩こりが始まっています。

また、1時間に一度は立ち上がり、手を上に伸ばしてぶるぶる降ったり、軽い屈伸をするなどの方法で全身の血流を改善する事も予防になります。

一方、眼精疲労の予防には「時々、目を休ませる事」が大切です。1~2分間ほど休ませて下さい。

 

原因2 運動不足・ストレス

 

運動不足やストレスは日常の習慣が背景になっています。それだけに生活を見直し、肩こりを起こしにくい習慣を付ける事が大切です。

肩こりを起こしている時は首や肩の血流が悪くなっていて新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくく、疲れやすい状態になっています。

また、ストレス性の肩こりは女性に多く、特に気分が落ち込みやすい女性は要注意!!
 

予防策

肩こりを予防するには、適度な運動が大切です。運動を続ける事で筋肉量の低下を防ぎ、また筋肉が柔軟になります。

筋肉は血液を送るポンプのような役割をしているので、運動を続ける事で全身の血流を改善し、日頃から肩こりを起こしにくい身体を作る事が大切です。

ストレスによる肩こりにも運動は効果的です。身体を動かす事により、血流が改善されるだけでなく、気分転換にもなるからです。