おすすめ便利なアプリ

Smart六法Basic
※もう重たい六法全書はいらない!

Smart六法Basicはこれさえあれば重たい六法全書を持ち歩く必要はありません。と言っても過言ではないアプリです。総務省の法令データ提供システムにある条文データを元にスマートフォン用に最適化して表示してくれる六法閲覧用アプリとなっています。憲法、民法、商法、会社法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法に分類されており、それぞれからさらに細分化され、ジャンル毎に法律が掲載されています。条文へのアクセスや閲覧がスムーズに行えるよう条文検索システムが用意されており、自分の見たい条文をすぐに見つけることができます。タブ登録すればAからDまで4ページ分登録でき、タブを切り替えれば複数の法令を同時に見ることができます。勉強やチェックしたい際にとても便利で重宝すること間違いなしです。法律を勉強していたり司法試験の受験を控えている方から、法律に触れたい、仕事に活かしたいという方まで使いやすく、生活のサポート役になってくれます。


法令ブラウザ六法全書アプリ
※日本の法令データを見れるアプリ
司法試験を目指している人や、日本の法令を学びたい人におススメアプリが「法令ブラウザ六法全書アプリ」です。対応法令は8000以上もあり、複雑で分かりにくい日本の法令を簡単に分かりやすくしています。複数のブラウザを同時に切り替えできるので、法令を見比べたりすることもできます。学習する人には最適な、メモ書きが出来る機能も付いています。総務省のサイトで公開されている法令データをもとに構成されているので、内容も心配ありません。六法や憲法、法律、刑法などはもちろん、総務省が公開していない独自の法令も追加登録できます。法改正があった場合も、法務省から最新版をダウンロード出来るので安心です。オフラインでも使えるので、ネットにつなげない場所でも開いて読むことが出来ます。大事な部分はマーカーを引くことも出来るので、自分なりの使いやすい法令辞書として使うことも出来ます。法律にかかわる人は特に、スマホを取りだすだけで簡単に法令を確認することが出来るので便利に使えます。


Wikipedia Mobile
※ウィキペディアを簡単に閲覧したり編集できるアプリ
ウィキペディアを手軽にスマホで閲覧したい!という人は、「法令ブラウザ六WikipediaMobile法全書アプリ」というアプリが最適です。ウィキペディアはフリー百科事典であり、3200万以上の記事が280以上の言語で読むことができます。このアプリでバージョンが新しくなり、記事を書き換えたため、最良の記事を閲覧できるのです。またアプリでは、閲覧や編集を素早く行う事ができます。操作が単純なため、通勤時間や通学時間などの隙間時間に、ウィキペディアを活用する事が可能です。また気に入った記事があったら、保存しておけます。保存する事で、オフライン上でも記事を閲覧する事ができるようになるのです。閲覧履歴も確認できるため、リンクを迷う事なく辿れるのも魅力的でしょう。どのような言語でか書かれている記事でも、すぐに切り替えられるので、とても便利なのです。さらに、ウィキペディアから得た知識をSNSで共有させられるので、友達や家族などの知人に、知識を教えてあげられます。


Photo Frame Editor – Collage Maker Free
※写真に簡単にフレームがつけられるアプリ
Photo Frame Editor – Collage Maker Free」は、自分で撮った写真にフレーム加工を行うことができるアプリです。3枚や4枚など複数枚の写真を組み合わせて、フレームつきで可愛らしくまとめ上げてくれる機能もあるので、LineやFacebook、TwitterなどのSNSに投稿する際にもおしゃれな演出が誰でも行えます。使い方も直感的でわかりやすく、最初に写真のレイアウトを選択して、好みのフレームを選択、加工する写真を選択するのみです。フレームについては、70種類もの豊富なテンプレートがあります。合成された写真も高画質が維持されていて、綺麗な仕上がりとなります。写真を印刷して、プリクラのようにも使用することができますよ。また、各種SNSへ投稿するためのボタンも用意されていて、ワンタッチでInstagramやKakao Talk、Facebookなど代表的なSNSへの投稿も可能です。